2015年06月24日

社会福祉( )は科学か についての つぶやき 1

(twitterのつぶやきから)

 特に近接分野といわれるところの専門職から、福祉とは何をするのか?と、問われたらどう答えられるのか?文化とか、思想とかが違うではない、きちんとして、かつ明確な。でも、エビデンスベースという借り物の科学ではない説明ができなければならないはず。それができてきていないと思う。

 私が、大学院の時代。社会福祉論か社会福祉学か?という議論があった。いまや当たり前に社会福祉学という文字が並ぶ。きちんと学術的、科学的な議論を経て、社会福祉学といえているのか?そもそも、人文科学や社会科学が科学といえるのか、といわれる中でも少なくとも科学であると体系づけられた?

 実践学、実学であればそれはそれで、基礎科学に基づいて、実学たれば良い。介護はおそらくそうなってきている。一時期、介護福祉学なんて文字もみたが、個人的には無理があると思った。看護、家政、心理、そしてソーシャルワーく、個人的には人類学や人間関係論みたいなものを取り組んでの介護実践。

 保育士資格と介護資格の統合という話も出ているようだが、対人援助という切り口で考えたら、ありはあり。そのときに、実践をサポートする養成プログラムがきちんと実学化されて、体系化されるのかが、問題。これは、社会福祉が論であるか、学であるかとは、別問題のはず。

 逆説的に、社会福祉がソーシャルワークや、介護、保育の実学をサポートできる体系的な学問として成立できるか否か、が、本来的に問われているはず。それに社会福祉研究は答えられているのか?歴史、思想、理論、そして方法論。社会科学たる体系をきちんとできているか?池田敬正先生がいわれていた
posted by 凸凸 at 09:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

「池田敬正先生を偲ぶ」会のご案内         

佛教大学の池本先生が,佛教大学の元院生たちによびかけて、主催をいただいています。
ひろくよびかけていただきたいということで、掲載をさせていただきます。



「池田敬正先生を偲ぶ」会のご案内          2015.6.1

   このたび、5月2日にご逝去されました池田敬正先生の思い出とともに、皆様と
 心からの哀悼の時間を過ごしたいと考え、以下の通り偲ぶ会を開催したくご案内申し上げます。

 日時 :  9月12日土曜日 13時30分より16時まで
 場所 :  メルパルク京都 6F(当日部屋名を掲示します)
       *京都駅より徒歩1分(駅東側)
        住所 〒600-8216
京都市 下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
電話:075-352-7444

 会費 :   3000円(会場費、設備費、茶菓、資料等の費用になります)

 ・当日は平服でお越しください。
・参加ご希望の方は、会場等の準備の都合上6月30日までに
   メールの場合は
    池本美和子(ikemoto@bukkyo-u.ac.jp)   もしくは
    元村智明(motomura@kinjo.ac.jp ) まで
   FAX・郵送の場合は
    池本美和子
     600‐8834 京都市下京区和気町13−1−1103(電話・FAX 075‐361‐2028)
    までお知らせください。
               
  ★ 皆様から池田先生を偲んでの一言メッセージをいただきたく存じます。
   400〜800字程度でお寄せいただいたものをまとめまして
   当日配布したいと思います。偲ぶ会への参加・不参加にかかわらず
   お言葉をお寄せください。

 <問い合わせ先>
「池田敬正先生を偲ぶ」会 事務局
  池本美和子
600‐8834 京都市下京区和気町13−1−1103(電話・FAX 075‐361‐2028)
E-mail:ikemoto@bukkyo-u.ac.jp
   元村智明  E-mail:motomura@kinjo.ac.jp
posted by 凸凸 at 06:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする