2018年09月26日

災害当事者が発信し続けることのたいへんさを想像しよう


災害列島日本。

言われ続けてきたこのことばを平成最後の年、ほんとうにたくさんの人たちが経験してしまっている。
こうして書いているなか、また、大きな台風24号が日本の方向にむかってきている。ほんとうに勘弁して欲しい。

多くの人たちが「被災者」になった一方で、もちろん、「被災者」になっていない人も多いわけである。

熱しやすく冷めやすい国民性?マスコミ性?かは知らないが、災害の報道は一瞬にして上書きされる。

災害当事者でない人たちは「発信してくれないとわからない」という。

それは事実である。

しかし、災害当事者が発信する、発信し続けることがどれだけの負担であるのか?ということへの想像力はもってほしい。

毎日毎日、壊れた建物を見、天気予報に脅え、なくしたものを嘆き、先が見えない中、周りには心強く振る舞わなくてはならない。

発信しつづければつづけるほど、傷つくこともでてくる。
これは災害だけではない。いわゆる「当事者」が発信することには共通しておこることである。

そういった中、それを客観的に発信していくことがどれほどの精神的な負担なのか想像しよう。
ここで言っているのは、「発信してください」と言うなと言っているわけではない。
想像力を持とうと。
        
そして、今回の私たちの被災に際して、

災害当事者ではない方が、「発信」の応援をしてくださることがどれほど、ありがたいか。
‪「被災した「最先端の老舗」をみんなで支える意味 」‬
http://lessor.hatenablog.com/entry/2018/09/18/023901

いろいろな足かせはあるにしても、情報発信をお手伝いいただくことの重要性を改めて、伝えたい。

そして、こうして、読んでくださって、改めて、拡散にご協力いただいているみなさんにも感謝したい。

まだまだ、復旧には時間と労力とお金がかかります。引き続き、よろしくおねがいします



【拡散希望】
‪「被災した「最先端の老舗」をみんなで支える意味 」‬
http://lessor.hatenablog.com/entry/2018/09/18/023901


‪NPOが台風被害 建物修復に寄付募る - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180919/k00/00e/040/206000c

被害状況の動画
https://youtu.be/-WJ8POadez4

寄付募集
http://neyagawatasukeai.org/news/news_20180920.html

クラウドファンディング 1000円から
https://congrant.com/project/neyagawa/538

ふるさと納税システムを利用しての寄付 「寝屋川市民たすけあいの会」へと指定ください
http://www.city.neyagawa.osaka.jp/organization_list/hito_fureai/shiminkatsudou/siminkatudousien/1378690782729.html

#台風被害
posted by 凸凸 at 06:57| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

関空はすごいスピードで復旧したけれど

寝屋川市民たすけあいの会は昨日、ぼちぼちはうすの屋根の工事が入り、大きなブルーシートが一枚なくなりました。
E2F2B240-DBDF-455C-8E40-22BB85A49370.jpg

ても、倒壊した建物はまだまだ、こんな感じ。
20789451-380E-4A09-BCFD-C2E19C75CD6E.jpg
昨日のフェイスブックにもあげましたが、

寝屋川市民たすけあいの会のまわりもこのような状態です。
大阪府北部地震、台風21号の影響です。

うちのように倒壊しているのはさすがにありませんが、新しいおうちでも被害はでています。

関空は官邸介入してものすごいスピードで復旧しましたが、庶民の生活はないがしろです。

追いついていません。

そして、寝屋川市民たすけあいの会の二次的、三次的被害も続いています。


カビカビカビ。あちらこちらから、カビが発生。それも、見えないところです。どんどん使えなくなる備品などが増えています。

そして、もっと深刻なのは、突然床から噴き出す水、床が浮き上がり床が剥がれ始めてきています。

‪【拡散希望】
‪「被災した「最先端の老舗」をみんなで支える意味 」‬ 

‪NPOが台風被害 建物修復に寄付募る - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180919/k00/00e/040/206000c

被害状況の動画

寄付募集

クラウドファンディング 1000円から

#台風被害

以下、まわりの写真 2018.9.24

1A8EC59D-6984-4BFF-AEFD-43FA22CCBA6D.jpg2BF0196E-2987-424D-8967-01C2FBB267B2.jpg1A268A86-1736-4EBE-96C6-9B3D7DE14EBF.jpgB107BE4E-0AA3-4025-85A2-E7102AD454A5.jpgECDFD07A-1594-42AD-A65A-30C5FBA26BA3.jpgBA1EC27F-142F-4522-9EF3-ACB541E8BE93.jpg0B0AD229-3BA0-47EA-A9BC-B4483DD58D88.jpg7BD30BE1-C8CC-4935-AFB9-EB02FD425167.jpg

34F5D9CD-836C-47F9-AEF5-A5A950843AC7.jpgA6EEC015-4BE7-40BC-B2FA-ADF6E21A1A3F.jpg56225371-8285-486F-B4EA-C9CAE9D60116.jpgD1D45557-A8DB-4892-B99E-49E54310504C.jpgF2A0571C-4FA2-44E9-93E0-2961FE040088.jpg4E06D8C7-C487-4310-B8E0-A15EDAEA16D0.jpg08595CEE-2D07-45FF-93E1-24742994AD7A.jpgB8FEFC33-5CC5-49B5-A8AE-3B6382BFED88.jpg5C5559E4-07B6-4A73-BB9A-B1B5CF02C9C3.jpg
posted by 凸凸 at 04:17| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

「民家改修型福祉」の終焉?

地域福祉がもてはやされ始めた2000年前後から、いわゆる民家改修型の福祉がもてはやされた時期があった。

1990年代に、障害者の共同作業所や住民参加型介護サービスが、そのあと、宅老所が全国に広がり始めた。

自らが自らの生活課題を自分たちの手で取り組んでいく。いわゆる「日本型の地域福祉」の一形態として、このような取り組みは広がっていく。

当然、それらの活動は潤沢な資金もなく当時の制度から見れば、制度補助の対象外であり、また、身近さ、を前面に出すが故に小さな民家を改造、改修して、それらの取り組みを始めたところも少なくなかった。
いつしか、それらは民家改修型福祉と呼ばれるようになり、2000年の介護保険、2003年の障害者の支援費制度を機会に一気に拡がった。

私の所属する寝屋川市民たすけあいの会は、1978年発足。民家改修を行い、活動拠点とした取り組みは、その発足総会を現在の「ぼちぼちはうす」の場所で行った。

当時、大阪ボランティア協会の理事長だった故 柴田善守先生は、その古めかしい倉庫をしつらえた会場をして、「20世紀の福祉は倉庫から始まった」と、セツルメント運動を紹介したそうだ。

脈々と続く、地域に根差し地域の風景に溶け込んで行われる活動は、その後、ボランティアだけではない障害者福祉事業に取り組み始めたときも、民家や工場を改修して拠点化する精神としてうけついできた。

近年の介護保険の改正の中で、また再び民家改修にて、住民参加型のサービス拠点を実施されるところも散見されるが、基本となる介護保険サービスや障害者総合支援法のサービスは、施設基準が厳しくなり、少なくとも古民家改修では事業を行うことが難しくなってきた。

財政論からも、市町村事業ではなく国事業にしていく流れは確固として、「ぼちぼちはうす」の「地域活動支援センター」という市町村事業もしんどい事業になってきていた。それでも、寝屋川市はがんばって予算確保を行なってくださっていた。支援費制度から障害者自立支援法になるときに、それこそ対象になる制度がないとき(映像06 ぼちぼちはうす〜障害者自立支援法の波紋〜」)にがんばってくださった。横浜市の訪問の家 朋の元理事長の日浦さんが「朋は横浜市民の良心である」と言われたのを聞き、古めかしい名前「寝屋川市民たすけあいの会」に込められた思いを新たに、制度がない、制度があっても対象にならない、そして近年の地域の地盤沈下から、「声があげられない」人たちとともに歩ませてもらってきた。

しかし、平成最後の年。
繰り返される災害に、その思いは無残にも引きちぎられた。ブルシートや瓦礫だらけの街にそれこそ溶け込んで、寝屋川市民たすけあいの会の建物も破壊され、ブルシートだらけになった。

民家改修型福祉は、多発する災害には耐えられないだろう。数年前から議論の続く障害者福祉のグループホームのスプリンクラー問題とも絡む。

外から見ると、民家のような形態の施設は、その精神とともに引き続いていくだろうが、うちのような最低限の改装だけで事業を行う形は終焉を迎えていくだろう。

その時代の終わりに。
そして、精神を引きついで。次の時代に向けて、なんとか、残していきたい。
応援よろしくお願いします。

寝屋川市民たすけあいの会

台風21号の被害について。この2週間を動画にまとめてみました。


【拡散希望】寝屋川市民たすけあいの会 台風21号壊滅的被害、存続、建て替えのための寄付募集 セカンドゴールは建て替え資金!|NPO法人 寝屋川市民たすけあいの会  引き続きよろしくお願いします。#台風21号 #被害



posted by 凸凸 at 05:16| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

台風21号により寝屋川市民たすけあいの会が壊滅的な被害

私の所属する寝屋川市民たすけあいの会は壊滅的な被害を受けました。
いま、寄付集めもはじめました。よろしければ、情報の拡散をご協力いただけれ
ば幸いです。

よろしくお願いいたします。

寝屋川市民たすけあいの会 台風21号被害、復旧、存続のための寄付募集
以下のページにて、寄付募集を行うことにしました。なにとぞ、よろしくお願い
いたします

https://congrant.com/project/neyagawa/203

台風21号の被害について
http://neyagawatasukeai.org/news/news_20180904.html

台風21号の被害状況について【第3報】
http://neyagawatasukeai.org/news/news_20180907.html

大雨によって、さらに被害が広がる

台風21号の被害状況について【第4報】
http://neyagawatasukeai.org/news/news_20180910.html

neyagawatasukeai.jpg
posted by 凸凸 at 06:24| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする