2009年12月31日

大月隠し

 大晦日である。

 今年は31日まで仕事をしていた。

 現場の仕事である。

 生活を支援することに本来、お盆も、大晦日も、正月もない。

 そうして、たくさんの人がいまも、支援をされている。

 相談支援だって、直接支援だって、関係ない。
 いまを支える。
 明日を支える。
 一週間後を支える。

 目の前の困りごとだけが困りごとではないのだ。

 今年は派遣村ではなく、行政が窓口をあけたり、宿泊所を手配したりしているという。でも、年が明けたからといって、仕事ができるわけでもない、泊まるところができるわけでもない。

 いまを支え、明日を支え、未来を支えて行けなければ。

 今年の一字は「忍」とさせていただきます。

 いろいろとつらい一年でした。

 来年は、もっと我慢しないといけないかもしれませんが、少しでもよくなるように、ぼつぼつやっていきたいとおもいます。

 やっと厄年は「月隠し(つもごり」です

 
 
 
posted by 凸凸 at 20:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック