2016年01月30日

地域包括ケアをかんがえる

ふわりんクルージョン2016の帰りです。
今回は、セッション3に登壇させていただき短い時間ですが、お話をさせていただきました。終わったあとに、何人かの方から、消化不良というお声をいただきましたので、少し書きたいと思います。

大阪から出て、他の地域でお話を聞くと、大阪の地域の進んだところが特に医療的ケアの必要なこどもさんの療育や教育になると意識せざるを得ない。それでも、不充分なのだから、他の地域は本当にたいへんなんだろうと思う。

私などは、小中学に障害のある友人がいたし、中2のときには、教室にベッドがあり、いまでいう重症心身障害の友人が通ってきていた。登下校はバギーを押して級友が送り迎えしていた。バギーから自宅のふとんまで、抱えてなんてこともしていた。
(賛否あったが)地元の高校に、障害のある人も一緒に行こうという運動もした。その運動は、いま大阪の普通高校での受け入れにつかながっている。
 支援学校での看護師の配置だけでなく、地域の学校での看護師の配置も、いろいろあるわあるけど、結構実現している。だいたい、適就がほとんどなくなっているから、基本は行きたい進路をきちんとみてもらって選ぶ。それは、寝屋川が進んでいるのではなく。大阪全体がそういう進み方をしている。北摂出身の私などから見ると、寝屋川は療育の仕組みは進んでいるけど、教育は遅れている感じがする。運動の進んでいるところはもっと進んでいる。

医療的ケアの必要なこどもさんのことを話をすることは、もちろん必要だけど、スペシャルニーズの前にこどもの基礎的なニーズを地域で満たしていくことが、ベースになるだろうというのが、私の考え方。
となると、こどもの地域包括ケアとは、まず、ベースになるこどもの地域での育てを考えていかないといけない。つまり、以前は、共同体/家族をベースにしていた子育てを、そうではない仕組みにしないといけない。それは、一時期に言われていた福祉的視点による地域共同体の再構築のようなイメージにもつながる。そうでないと、地域社会へのparticipationは保障されない。子育てをすることで、社会的に作り出される「障害」を負うのが日本社会の現状だと思う。
   そのためには、基本的な公的なサポートづくりも、絶対に必要。母子保健法に定められている健診の現状。寝屋川でいうと4ヶ月健診の受診率が93.8パーセントと。そのあと、1歳6ヶ月、3歳と受診率が下がるという。そのフォローのための「こんにちは赤ちゃん事業」や未受診のお宅への訪問を保健師さんたちがやられている。
    健診のときの経過観察のパーセントは4ヶ月と3歳では12〜15パーセント。ただし、1歳6ヶ月は25パーセントにもなるという。25パーセントといえば、四分の一にものほる。そのこどもたちのフォロー体制をどう作っていくのか、行政の仕組みだけでは、難しい部分もある。療育センターを中心にした療育の仕組みも、現代的には少ししんどくなってきているものもある。また、仕組みを補完するために、自立支援協議会でサポート手帳を作った。もっと、根付かせていきたい。

自立支援協議会は、寝屋川は独自のやり方で進めてきた。
精神障害者部会の中で、繰り返し出てきた母子のケース。母に障害があり。。。
母を支援する機関とこどもを支援する機関の対立を相互の理解を深めようと、行政が橋渡しをし、要保護児童対策協議会へ精神科クリニックのケースワーカーさんが参画し、勉強会。その中で、逆に、発達障害のあるこどもさんの「育てにくさ」から起こる虐待の話を一緒に考えていこう、という機運。

寝屋川という町。悲しいかな虐待がとても多い町。昨夏のような事件もおこった。「36歳でおばあちゃん」にびっくりしない。衛星都市型の貧困地域。小学校の保護家庭率が30、40.パーセントにのぼる学校もいくつもある。
貧困の問題、学校にいけないこども。朝、お母さんが起きないから朝ごはんがたべられず、先生が迎えにいき、朝ごはんを食べさせてから学校に連れてくる。
そんなことにびっくりしない。
貧困の世代間連鎖。なんとか、止めたい。逆に、地域のアンテナを高く、みんな考えている。そんな中でおこった事件の、影響は計りしえない。でも、前に進むしかない。

昨年、医療ケアの必要な子どもたちのことを考えるための研修会を開催。NICUからのこどもは、大阪では、保健所に連絡が入る。保健所と行政とのコラボできいた隣の圏域の周産期医療センターのmswの話。

未受診妊婦の多さと、たいへんさ。社会的ハイリスクな妊婦さんたち。生まれきたこどもさんのNICU率の高さ、未成年のお母さんの問題だけではない家族に知的障害や精神障害がある世帯からの出産。妊産婦教室への働きかけから入らないとダメだ。
誰もが、安心して産み育てられる地域づくり。その先にスペシャルニーズの保障もあるはず。

  シンポストの方が小児慢性特定疾患の相談事業のことをお話されたので、つい自分のことを話してしまったのは、余計な話だったな。

最後に話した「地域の強み」を探すはいつも、考えていることです。みんなで、自分の地域の強みを探して。伸ばしましょう
posted by 凸凸 at 21:20| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
話す時間が短くてごめんなさい。(( _ _ ))

年に一度の生存確認。
相変わらずの茨道をガリガリ進んでるなと。
俺もがんばらなきゃなと。
思うのが、同年の不思議ですね。

ありがとうございました!
Posted by とえだ at 2016年02月04日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。